蛇口に付着した黒錆の落とし方

蛇口1

キッチンやお風呂場にある蛇口は、長年使用し続けていると黒錆が発生しやすいです。黒錆はそのまま放置してしまうと頑張って掃除をしても、なかなかきれいに落とすことができなくなります。黒錆があると見た目が不衛生なため、一日でも早くきれいにしたいものですよね。

そこで、ここでは効率良く蛇口の黒錆を落とす方法をご紹介していきます。

歯磨き粉を使う方法

初期の黒錆ならば、家庭で使用している歯磨き粉を使って落とすことができます。その理由は歯磨き粉には微量の研磨剤が配合されており、その作用によって蛇口に付いた黒錆を落とすことができるからです。やり方は、使い古した歯ブラシに歯磨き粉をつけて黒錆が気になる部位を中心に擦るだけです。

この方法ならば、それほど強い力を入れなくても簡単に取り除くことができます。錆がきれいに全部取れたら最後に洗い流し、乾いた布でふき取って完了です。そもそも黒錆というのは、一度付着するとどんどん広がっていく性質があります。

掃除をしても取れなくなるばかりか、蛇口の素材そのものの寿命を縮めてしまう恐れもあるのです。他にも、錆はアレルギーや喘息、鼻炎など人体に悪影響を及ぼすこともあるため、見つけたらすぐに落としましょう。

クエン酸と塩を使う掃除の方法

蛇口の黒錆はクエン酸と塩を使っても落とすことが可能です。その理由としては、クエン酸に高い還元作用があるからです。そもそも黒錆というのは金属が酸化することで発生しますが、還元作用を利用すれば酸化した金属から酸素を切り離すことができます。

すなわち、酸化状態が解消されるため、黒錆が落としやすくなるというわけです。さらに、塩には研磨作用がありますから、この2つを組み合わせることでさらに錆取りをスムーズに行うことが可能になります。掃除のやり方は、まずクエン酸と塩を1対1の割合で容器に入れ、そこに適量の水を加えて混ぜ合わせます。

その後、使い古した歯ブラシを使って黒錆の部分に丁寧に塗布していきましょう。塗布が終わったら、成分を黒錆に浸透させるために塗った部分にキッチンペーパーを貼り付けて放置します。30分程度が過ぎたら、歯ブラシを使って丁寧に錆を擦り落としていきましょう。

すべての錆が落ちたらしっかりと水ですすぎ、最後に清潔なタオルで水分を拭き取って完了です。濡れたままにすると新たなサビの原因になってしまいますから、必ず最後にしっかりと拭きましょう。

酢を使った清掃方法

強力な洗剤を使いたくないという方におすすめなのが、酢を使った清掃方法です。実は酢には金属の酸化による錆を取り除く強い働きがあるのです。やり方は、まず酢に浸したキッチンペーパーを蛇口のまわりに丁寧に巻きつけます。

これにより、黒錆に酢の成分を十分に浸透させることができます。2~3時間くらい放置したら、キッチンペーパーをきれいに剥がします。その後、塩大さじ2に酢小さじ1を混ぜて作ったペーストを古い歯ブラシに付けて、丁寧に錆を擦っていきます。

塩は粒子が荒くて高い研磨力があるため、頑固な黒錆の清掃に高い効果を発揮してくれます。蛇口がきれいになったら、後は水で汚れを落としてタオルで拭くだけです。キッチンなどの食べ物を常に扱う場所にある蛇口は、なるべく洗剤を使いたくないという人が多いのではないでしょうか。

酢や塩は口に入っても安全な成分ですから、ぜひ実践してみてください。

市販の錆取り剤

長年放置してしまった黒錆は、どんなに丁寧に掃除をしてもなかなかスムーズに落とすことができません。そんな時は市販の錆取り剤を使えば簡単に取り除くことができます。清掃の方法は、まず蛇口の表面についた水分やほこりなどを清潔なタオルで丁寧に拭き取りましょう。

その後、柔らかい布に錆取り剤を満遍なくつけ、力を込めて擦っていくだけです。錆がきれいに取れたら、乾いた布で拭いて完了です。錆取り剤はホームセンターなどで販売されていますが、購入する際は注意点があります。

それは、メッキに使えるタイプと使えないタイプがあるということです。使えないタイプを選ぶと、蛇口を傷つけてしまうことになります。そのため、お店で購入する際は必ず使えるかどうか確認しましょう。

金属磨き剤を使う清掃方法

金属磨き剤も頑固な黒錆を落とすのに有効と言えます。金属磨き剤に含まれる超微細な研磨粒子によって、金属表面に付着した黒錆をきれいに除去することができるからです。また、その他の汚れも瞬時に取り除けるので、蛇口が新品のようにピカピカになります。

やり方は、黒錆部分に金属磨き剤を塗布し、タオルや歯ブラシなどで擦っていくだけです。それだけで、お風呂場やキッチンの蛇口にできた頑固な錆がなくなります。ただ、金属磨き剤を使用する際は目立たない箇所で一度試して傷がつかないか確認した方が良いでしょう。

ほとんどの金属磨き剤は、擦っても表面が傷つかないように加工されています。しかし、蛇口の素材によっては強く擦りすぎると表面に傷がついてしまうケースもあります。傷がつくとカビや錆が発生しやすくなるので、必ず試してみることが大事です。

プッシュ式の蛇口のメリットや交換方法について

黒錆の効果的な予防方法

蛇口4

黒錆は一度できるときれいに掃除するのに一苦労するものです。したがって、なるべく黒錆が発生しないように日頃の使い方に注意して予防したいものですね。錆の効果的な予防方法というと、蛇口に付着した水滴をこまめに拭き取ることが挙げられます。

そもそも黒錆の発生する最大の原因は、金属が自ら酸素や水分を取り込んで酸化還元反応を起こすことです。すなわち、水滴がついたままだと酸化還元反応によって黒錆ができやすくなってしまいます。そのため、蛇口をこまめに拭き取るように心がけましょう。

とりわけバスルームに設置されている蛇口は湿度が高い環境にあるため、すぐに錆が発生しやすいです。お風呂に入った後はすぐにタオルで拭くなどの癖をつけると良いでしょう。

防錆剤を塗ること

蛇口8

防錆剤の塗布も蛇口の黒錆を予防するのにとても有効です。防錆剤を塗布することで、蛇口の表面の油膜によって水を弾くことができます。そのため、錆はもちろん水垢汚れなどもつきにくくなります。防錆剤の使い方は、一旦清潔な布にまんべんなくふきつけていきます。

それから、蛇口全体に丁寧に広げていくだけです。防錆剤はホームセンターでリーズナブルな価格で販売されているので、蛇口をきれいに保ちたい方におすすめです。